35からフランス語!

35歳の夏にパリにはまり、急遽フランス語を身につけることにしました。目標は「ストレスなくコミュニケーションできること」ですが、どこまで、やりきることができるのでしょうか…

DELF B1 試験結果について

今年の5月に受けたDELFの結果ですが・・・

なんと、合格でした!

正直、何で⁉️嘘でしょ⁉️🤷‍♀️ という心境です。

 

しかも、8割以上点が取れました…

何かの手違いじゃなかろうか⁉️

実は今回は簡単だったとか⁉️

 

後から訂正が来るんじゃ…と思うと、恐ろしくて、

すぐにはブログにアップ出来なかったくらいです。

 

でも今のところ、訂正連絡は来ていないので、

とりあえず合格でいいんだ、と自分に言い聞かせています。

 

とはいえ、今の自分の力では、

一応高得点だった読解(CEとPEで他を補った)でも、

まだまだまだ「不自由なく使いこなす」というわけにはいきません。

聴解や話す方なんて、不自由過ぎて、超ストレスです。

 

ということは、この先のレベルも目指さないといけないのではないか

と、今のところは考えています。

DELFという試験を受け続けるかはわかりませんが…

 

自分でもまだ、うまく結果を受け止めきれていないのですが、

とりあえずここにご報告させていただきます。

 

しかしほんと、夢じゃなかろうか…。

 

今後の勉強内容

モチベーションが、じわりじわりと復活してきました…

ようやく、ではありますが。

 

ということで、これからどう勉強していくかについて、

考えることにしました。

 

再受験は、たぶん必要ですが、とりあえず秋にはしない…と思います。

その理由としては、

「もし現状でダメなら、秋にすぐ受け直しても点数が伸びそうにない」

からです…ううう、辛い。

 

とまあ、ボヤいていても仕方がないので前を向きますが、

強化しなければならないポイントは以下の通り。

 

1)compréhension orale

対策:a) DELF対策本の問題を解き直す。

           b) スクリプトを読み、シャドウイングをする。

           c) 再び問題を解く。

 

2)compréhension écrit / production écrit

対策:a) le nouvel édito の残りを、先生と一緒にやる。

 

実は、あまりにも歯が立たなくて、後半の単元をいくつか

残してしまっていたので、もう一度やり直すことにしました。

家庭教師的にお願いできる先生を見つけたので、

わからないところを聞いたり、添削してもらうことにしました。

 

まずは、これから。

 

7月から2ヶ月くらい、仕事に追われてしまいそうなので、

7月〜9月でやり切る目標とします!

 

は〜いつになったら、ストレスなく使えるようになるのでしょう😭

頑張らねば!

 

ヒヤリング対策

B1の試験対策で、あまりにCOができなくて、

とりあえずスクリプトを全部読んで、

聴いたらすぐに内容がわかるようにしたのですが、

別のテキストの音源聴いてもいまいちで…

 

もっと大量にやらないといけないし、

シャドウイングもしないいけないのかなと思いました。

 

ただ、スピード感は断然変わりました!

聴いた当初は、こんな早いの無理〜!と思っていましたが、

何度も聞くにしたがって、むしろ遅い…と。

 

耳慣れはもちろんですが、内容予測も

関係あるのかなと思いました。

 

大量に聴いて表現や流れを覚えれば、

全般的に聴き取りやすくなりますよね。

 

…昔は、B1を受けたらとりあえず一区切り、と思っていたのに、

全然そんか感じに思えませんね。

まさか再受験の心配するとも思わなかったし…

この心境だと、例えB1ぎりぎりで受かっても、

高得点狙って受け直す…という気持ちになれないかもしれません…

は〜〜〜。

 

これからどう勉強していくか

すっかり気が抜けてしまいました…

 

でも、再びB1を受けるにしろ、その先を目指すにせよ、

強化しなければいけないポイントは決まっています。

 

まずは、

・ヒヤリング強化

・読解力強化

・語彙力強化

です。

 

とりあえず試験対策で、今出来る限りのアウトプットをしたので、

そこで見えてきた穴を埋めないといけません。

まずは

・文法

シャドウイング

かな…

 

 

 

DELF B1 試験内容について

ようやく試験が終わりました!

様々な意味で(笑)。

一応結果を待ちますが、おそらく秋に再受験が必要でしょう。。。

次回の自分のために、試験の内容や、自分の不足部分を書いておきます。

 

🌟準備に使った問題集

Le Nouvel Entrainez-Vous: Nouveau Delf B1 - 200 Activites - Livre

Le Nouvel Entrainez-Vous: Nouveau Delf B1 - 200 Activites - Livre

 
Reussir Le Delf 2010 Edition: Livre B1 & CD Audio (Livre + CD)

Reussir Le Delf 2010 Edition: Livre B1 & CD Audio (Livre + CD)

  • 作者: Gilles Breton,Sylvie Lepage,Marie Rousse
  • 出版社/メーカー: Didier
  • 発売日: 2010/07/22
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
Le DELF B1 100% reussite +CD

Le DELF B1 100% reussite +CD

 

 一番使える!と思ってやりこんだのが、

最後の Le DELF B1 100% でした。

理由は、2016年出版であることと、

全ての問題に答えがついているからです。

production des écrits やproduction de orale にまで

答えが付いている問題集は、

私が知っている限り他にありません。

 

🌟試験内容

*compréhension de orale 

問題集にあるものよりは、おそらく簡単でした。

完全に聴き取れないし、内容もぼんやりとしかわからなかったけれど、

問題集をやった時よりは理解度が高かった印象。

5点は取れているんじゃないかな…という感じ。

基準が低すぎですね(笑)。

 

*compréhension des écrits

こちらは、問題集にあるパターンと同じものがでましたが、

第1問の条件に当てはまるものを選ぶ、という方は、

深く考えずに◯Xをつけて行ったら、

まさかの正答がない、となってしまって焦りました。

見直したかったけれど、時間がなかった…。

 

*prodaction écrits 

お題はうろ覚えですが、

「あなたはフランスで学ぶ大学生です。大学から利用を奨励されている

エシャンジュサイトに登録して、学生を紹介してもらいました。

その経験を大学新聞に投稿しなさい」

みたいな内容でした。練習していたお題とはまったく傾向が違ったけれど、

とにかく必死で書きました。見直す時間どころか、

文字数を数える時間すらなかったので、目分量。

悲惨なことになっているかしれません…

 

*production orale

・自己紹介

・Instraction

・monologue suivi

の流れは変わらず。

でも、ちょっと焦ったのは、自己紹介の時に、

先生がちょいちょい合いの手を入れてきたこと。

それでちょっと流れが変わってしまったのと、

私が用意していたものより早めに切り上げられてしまったので、

 準備していた半過去や条件法のくだりが言えず、

しまった〜と思いました。

習っている先生からのアドバイスでは、

早いうちに条件法を使えるとアピールしておけ、

Interaction で、半過去と複合過去の使い分けができるところを見せておけ、

ということでしたが、どちらも果たせず。。。

 

Interaction のお題は、

・眼鏡屋での交渉

・カフェでレシートに注文していないものが計上されているので訂正せよ、

というものでした。

普通はカフェの方を選ぶだろうと思うのですが、

私は自信がなかったので、眼鏡を選択。先生もびっくりした様子でした。

 

monologue suivi は、

「早起きの効能」と、もう一つ。

一応両方目を通したのですが、もう一つは瞬時に内容が理解できなかったので、

早起きの方を選びました。

練習の時は時間がなくて無理!と思ったけれど、

火事場の馬鹿力で イントロ文まで書けました。

ただ、途中でバンバン試験管からのつっこみが入ったのが意外でした。

最後まで聞いてから質問かと思った…

 

あっという間に時間が過ぎて、

ちゃんと15分経ったのか!?という印象。

 

さすがに5点以上は取れると思いたいけど、

語彙とかつまり具合のことを考えると、

レベル的にA2に毛が生えた、と思われても仕方がないかもしれません…

 

次回、反省をこめて、

準備したことや、これからの勉強についてまとめたいと思います。