読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35からフランス語!

35歳の夏にパリにはまり、急遽フランス語を身につけることにしました。目標は「ストレスなくコミュニケーションできること」ですが、どこまで、やりきることができるのでしょうか…

勉強法

聞き取りが出来るようになる過程

ゼロからいきなりわかるようになったわけではないのですが、 つい最近、とても鮮やかに「あれ・・・あんなにわからなかった音源が、いきなり、わかる!」という体験をしたので、残しておきます。 それは、授業で体験したことで、まず音源を聞いたのですが… 1…

単語の覚え方

といっても、自分で開発したわけではなく、以前どこかのフランス語学習ブログでみたやり方を真似ているだけです。でも、これだと自分に合っていて、あまり労力なく続けられたので、日本に帰っても、しばらく続けたいと思っています。さて、やり方は単純。自…

単語を覚えたら、聞き取れるようになった

今まで、上記のことはよく目にしていて、でも、本当かなあと半信半疑だったのですが・・・身をもって実感したので、履歴として残しておきます。単語を覚えると・・・それもちゃんと身になっていると、聞き取れます。言ってる内容が、わかる。自分で再現して…

どうして英語は聞いたらわかるのか??

今パリに来ていまして、コインランドリーで洗濯などをしていたわけです。そうしたら、フランス人の人(たぶん)から、フランス語で何かを聞かれまして。「???」って感じだったんです。何を聞かれているのか、さっぱりわからない。で、仕方なく、「フランス…

cakes 松井博さんのコラム

「使える英語」を手にしよう!|松井博 @Matsuhiro |cakes(ケイクス)「英語」はもちろんですが、「英語」を「仏語」に替えてもたいへんたいへん役に立ちます!実用的方法論はもちろん、モチベーションアップにもなるので愛読してます❤「使える英語」を手…

(メモ)勉強の方針

⭐️まずは仏検合格に向けて頑張る!主)準二級問題集前置詞穴埋め読解書き取り聞き取りをバランスよく!副)準1級・2級単語集 中級フランス文法シャドーイングして、覚える。仏検対策だけだとつまらなくて飽きちゃうし、中級フランス文法はすぐ使える表現がい…

ナチュラルスピードが聴こえるようになるには

ここ最近、勉強する時間が取れないということもあって、つい方法論的なことばかり考えていたのですが、今日ヒントをもらった気がしました!ナチュラルスピードで聴こえないフレーズは、同じスピード、言い回しで言えるようになればあっさり聴こえる!…いやま…

これからの勉強法

観光・保養目的の南仏を終え、少しは日常に近いパリに移動するので、これを機に勉強を深めたいなと思っていたら、こんなサイトを見つけました。国際法を学ぶ者のためのフランス語学習資源フランス語の学習京都大学の先生による指南書で、週間ごとに勉強法や…

(text) 解説がくわしいフランス文法問題集

テスト対策で買った文法問題集ですが、予想以上に良かった!いまいちすっきり理解できなかったり、覚えづらかったりした条件法の活用や未来法との違いなどがすっきりしてびっくり!解説がくわしいフランス文法問題集作者: 西村牧夫出版社/メーカー: 白水社発…

仏語で話して、日記をつける。

話せるようになるには間違っていてもいいから日記をつけるといいと聞いたものの、つい、自分の優先順位は話す〉〉書くだからなあと敬遠していたのですが。Siriの音声変換を使って、喋って日記を書く、という方法があるなと思いつきました。これなら、発音に…

とりあえず、仏Ⅱ 一冊終わったけれど。

力がついた気が、まったくしません…というのも、テキストについている練習問題に答えがついていないので、正解がわからず、自分の出来が測れないからです。変な教科書…教える側の都合だけで、本気で使う人の学力アップを考えてない教材だよなといつも思いま…

動詞の活用を集中的にやったら

読みかけの仏語小説の文字面が、なんだか違和感なく入ってくるようになりました。いや、もちろん語彙はないから、内容は相変わらずわからないんですけど。ちょっとびっくりしたので、メモ。ちなみに動詞の活用は、ひとつの単語につき平行、現在形→半過去→単…

文法練習

昨日のショックを受けて、これをやることにしました。The Ultimate French Review and Practice: Mastering French Grammar for Confident Communication (UItimate Review & Reference Series)作者: David Stillman,Ronni Gordon出版社/メーカー: McGraw-Hi…

惨敗…

文法のテストを受けたのですが、どう考えても惨敗…毎回テストの傾向は一緒なので、確実に勉強不足なんですけど。文法の問題集を一冊がつっとやらなきゃだめかな。中学英語でやってたみたいに、簡単な練習問題やりたいのですが、テキストどれがいいんだろう〜

(text) le nouveau taxi

さっそくですが、今年はこれに取り組むことになりました!短期間だけど授業を受けることになって、そのテキストがこれなのです…とはいえ、授業で扱うのは後半なので、前半は自習しないといけないのですが。…授業までに間に合うかなあ…LE NOUVEAU TAXI!-1/LIV…

語感

これはちょっと、メモなのですが。外国語をさらさらと話すにあたって、大事そうな「語感」について。今までなんとなく、語感→単語→単語を覚える時のみ気をつけることというように連想していたのですが、話す前の、言葉に換える前のモノを外国語と結びつける…

英語習得法に思い当たること多過ぎ!

諸事情により、英語も習得しなければならないため、英語習得コラムを要約しつつ頭に入れているのですが、これが…予想以上にフランス語習得と関係ありそう!今のところ膝を叩き過ぎて壊れそうな項目は、・単語はイメージで覚える!(頭の中にリンクを作る) 特…

手応え…?

今日初めて、仏語小説を読んだ。そうしたら…意外な手応えにびっくり!あ、それはもちろんすらすら読めるとかそういうことではなく、(むしろ読めない)仏語教室の課題であるため、日本語訳と比べながら読んでいくので、内容がすらすら入ってきて読みやすくて楽…

フランス語力アップのためには

愚直に単語や例文を覚えていくしかないんだろうなあ。活用は今ひとつだけど、文法はわりと入ってる。たぶん。となったら、やっぱり、単語やフレーズを覚えて、口から出せるようになるしかない。

英語学習法。

日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか (祥伝社黄金文庫)作者: 斎藤兆史出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2006/03メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 89回この商品を含むブログ (14件) を見る 「明治の人はなぜあれほどできたのか…