35からフランス語!

35歳の夏にパリにはまり、急遽フランス語を身につけることにしました。目標は「ストレスなくコミュニケーションできること」ですが、どこまで、やりきることができるのでしょうか…

どうして英語は聞いたらわかるのか??

今パリに来ていまして、
コインランドリーで洗濯などをしていたわけです。

そうしたら、フランス人の人(たぶん)から、
フランス語で何かを聞かれまして。
「???」って感じだったんです。

何を聞かれているのか、さっぱりわからない。
で、仕方なく、「フランス語喋れません」と言ったら、
英語で喋ってくれたのですが、
こっちだと、あっさりわかる。

英語はそんなに、フランス語で今やっているほど、
聞き取りは喋りに力を入れているわけではありません。
むしろ、喋りはフランス語の方が楽。

実際この後、コンサートで一緒に並んだおばちゃんと話したのですが、
英語で話しかけられるも、どうしても思い出すのが難しく、
フランス語で話したくらい。

・・・なんででしょう?

でもまあ、このことから考えると、
英語くらい、書いたり読んだりをやれば、
特に聞く練習をしなくても、聞き取れるようになるということか・・・?

確かに、英語は、少なくともコインランドリーで聞かれたレベルの
文章であれば、ほぼ日常的に目にしているし、
英作も簡単にできます。

・・・フランス語も、そのレベルにもっていけばいいってことか・・・
フランス語だと、聞かれたレベルの疑問文は、
とっさに、全くできません。宙を睨んで、ヘドモドしちゃう。

そのあたりに、解決策があるのかも。
超基礎レベルの仏作文も、すらっとできるまでやることが大事、
ということなんでしょうね。

自分が良く使うフレーズで、日本でも練習していたものは、
喋りたいときにつるりと出てくるものね・・・