35からフランス語!

35歳の夏にパリにはまり、急遽フランス語を身につけることにしました。目標は「ストレスなくコミュニケーションできること」ですが、どこまで、やりきることができるのでしょうか…

[覚書]耳で聴いてわかるためには

ここしばらく仏文和訳していた内容の音源をようやく手に入れ、

聴き始めたのですが、パッと見てわからない文章は、

やはり聴いてもわかりません。

逆にパッと見てわかる文章は、耳で聴いてもわかります。

 

では、パッと見てわからない文章は、なぜわからないのかな、と考えてみると

まずは、単語の意味が取れずに引っかかっていました。

 

ここでいう「単語の意味が取れない」というのは、

すでに和訳を済ませているわけなので、

辞書に載っている意味を忘れている、というのはもちろんなのですが、

たとえ意味を覚えていたとしても、フランス語の文章の中で、

流れに沿って理解できない、という意味です。

 

自分が作った和訳を添削してもらっているので、

日本語で内容は理解して、こなれた文章もついているのですが、

そこからもう一度、フランス語に還元して単語の並びで理解できないと

耳で聴いた時にわからない印象です。

 

もちろん音読もして、言葉の繋がりも意識しないといけません。

黙読している時に、一応頭の中で鳴っている音のイメージは、

リエゾンなどもついていないし、そもそも間違っていたりするし…😅

 

復習がてら、もう少し口を動かしてみて、

結果を検証したいと思います!