35からフランス語!

35歳の夏にパリにはまり、急遽フランス語を身につけることにしました。目標は「ストレスなくコミュニケーションできること」ですが、どこまで、やりきることができるのでしょうか…

音読とシャドーイング

細々とスカイプ授業だけをやっていた時、

仏文和訳と仏作文をやっていたのですが、

仏文のレベルが私には高すぎることもあって、

授業の準備をするのに精一杯、復習は全くできませんでした。

 

なので、当然のことながら、

読解のために調べまくった語彙も全く覚えられず。

 

和訳力…というか、構文解釈力は徐々についた気がするものの、

フランス語力がついている気は全くしませんでした。

(それどころかまた、喋れなくなりつつあるくらい)

 

さらに、音読が全く出来ないことに気がついたのです。

先生の後について読むのですが、先生の音が聞こえてないのか?と

自分で突っ込めるくらい、読めない。

 

まあ元々、読みの規則は完全独学ゆえ、かなりあやふやなのですが、

やはり知らない単語は読めないし、読むスピードで意味が取れないので

不自然な区切りで読んでしまうのです。

 

個人的には、これはけっこう問題だなと思っています。

読むスピードで意味が取れなければ、聴いてわかるはずがないし、

今やっている仏文は、ル・モンドの記事なので、

私が目指しているレベルにぴったりだからです。

 

なので、まずはシャドーイングで練習しようと、

ようやく時間が取れるようになってから、

音源を使ってやってみました。

 

ただし、今の自分にはレベルが高すぎる文章だけあって、

初めはまったくできる気がしなかったのですが、

たまたま移動で一時間以上電車に乗らなくてはならなかったので、

いい機会だと思って、集中的にやってみました。

 

日常生活の中ではなかなか、ここまでやり続ける気にならないので、

これだけやればできるようになるんだからやりなさい、という

自分への戒めとして、書いておきます。。。

 

最初は文章を眺めながら聴き、

次は声を出さずに、口が滑らかに動くようになるまで

文章を眺めながら繰り返しました。


そして家に帰ってから、

まずは音源を聴きながら声を出してシャドーイングを繰り返し、

少しできるようになったかな、と思ったら、

途中で音を止めながら、独力で音読。


そこまでやっても、まだ上手く発音できない箇所があり、

文章の意味もそのスピードで取れないので、

もう少し練習しないといけませんが、

なんとなく、実感値では、こうやって語彙を増やしていくのが

正解のような気がします。

 

うまく言えないのですが、こうやって初めて、

頭の回路をちゃんと通る感じがするというか、

話す時に使えるようになるというか・・・


このあたりは、学生時代に英語を勉強した時の感覚と比べているのですが、

話が長くなるので、また別のエントリーで書きたいと思います。


まずはともかく、音読を使って

今まで読んだ文章を復習し、語彙を増やしたいと思います!

 

目指すところは、文章の中に使われている表現や語彙を使って

話せるようになること✨

 

相当、そうとう頑張らねば、でしょうが…

頑張ります…

 

 

仏検準一級への準備

今のところ合格できる可能性があるとは思えないのですが、

フランス語を勉強するモチベーションのため、

DELF B2 に挑戦する試金石として、

今年の11月に仏検準一級を受けることにしました。

 

しかし先ほど試しに過去問を解いてみたところ、


・長文読解(正誤問題) 8/10

・書き取り                       ほぼゼロ

・聴き取り(語彙記入)1/10

                  (正誤問題)7/10


というひどい出来でした。。。😅


読解は、予想以上に読み取れたものの、

かなりしっかりと一文一文に張り付かないと正答できず、


書き取りは、通常スピードがかなりゆっくり感じるからいけるかな、

と思ったものの、内容がさっぱりわからず、多少は書き取れるものの、

明らかに前後が繋がらなくて途中で嫌になってやめるレベル、


聴き取り(語彙記入)は、内容は全てわかったものの、

記入すべき単語がわからなかったり、綴りを間違えたりで正答1。。。


聴き取り(正誤問題)の方も、話はわかったものの、

問題文が聴き取れず、完答できませんでした。


なお、文法の方は、試すまでもなくできないと思います😅

名詞化問題とか、できる気が全くしません。

 

なので、万が一合格するとすれば、

読解とか書き取りで点が取れた場合だな・・・と思っていたのですが、

こちらも厳しいとなると、相当合格の可能性はないと思います。

 

DELF B2 の問題も、これから試しに聴いてみようと思いますが、

どうかな〜。。。

 

そしてこれから、どういう勉強をすべきか・・・

よく考えないといけません😭

 

ようやく再開!

すっかりご無沙汰しております。。。


ようやく仕事の繁忙期も終わり、

少しずつフランス語のことを考えられるように

なってきました。


なので、ここ数日は、

これからの展開について考えています。


まずは・・・

仏検準一級を受ける

・DELF B2 受験の準備を始める

ことにします。


準一級の受験は、以前からDELF B2 の試金石として

合格の可能性がなくても受けようと思っていたので、

今年の11月に受けようと思います。

 

DELF B2は、もし間に合いそうなら

来年の5月には受けたいな、と。。。

どうかなー!


ちなみに、仏検準一級の準備をするにあたって

過去問を解いてみたので、

次のエントリーにまとめておきます。

 

もちろん、まさか自分ができるとは思っていませんでしたが、

予想以上にできなくてがっかりでした😅💧

[覚書]耳で聴いてわかるためには

ここしばらく仏文和訳していた内容の音源をようやく手に入れ、

聴き始めたのですが、パッと見てわからない文章は、

やはり聴いてもわかりません。

逆にパッと見てわかる文章は、耳で聴いてもわかります。

 

では、パッと見てわからない文章は、なぜわからないのかな、と考えてみると

まずは、単語の意味が取れずに引っかかっていました。

 

ここでいう「単語の意味が取れない」というのは、

すでに和訳を済ませているわけなので、

辞書に載っている意味を忘れている、というのはもちろんなのですが、

たとえ意味を覚えていたとしても、フランス語の文章の中で、

流れに沿って理解できない、という意味です。

 

自分が作った和訳を添削してもらっているので、

日本語で内容は理解して、こなれた文章もついているのですが、

そこからもう一度、フランス語に還元して単語の並びで理解できないと

耳で聴いた時にわからない印象です。

 

もちろん音読もして、言葉の繋がりも意識しないといけません。

黙読している時に、一応頭の中で鳴っている音のイメージは、

リエゾンなどもついていないし、そもそも間違っていたりするし…😅

 

復習がてら、もう少し口を動かしてみて、

結果を検証したいと思います!

 

 

 

 

再び喋れなくなっています…

ここ一ヶ月ほど、事情があって、

空いている時間はすべて仏文読解&和訳に費やしていました。

 

残念ながら音源はすぐには手に入らなかったのですが、

内容は新聞記事だし、語彙や構文も増えていいのでは…と思っていました。

 

と・ん・で・も・ない!

 

読解だけならいいのかもしれませんが、

和訳するとなると、圧倒的に日本語で考えている時間が長い。

 

「勉強している」感はものすごくありましたが、

フリートークができなくなったり、発音が明らかに日本語寄りになりました。

無念…。

 

ようやく音源が手に入ったので、しばらくは復習も兼ねて音読練習します!

 

そもそもは新聞などのメディアからストレスなく情報を得たり、

それなりの水準で書いたり話したりしたい、というのが目標なので、

教材のレベル的には望み通りな気がするのですが…

自分のレベルがまだまだ全く追いついていないのかもしれません。

とほほ。

 

とりあえず、しばらくは音読またはシャドウイングします!